効果の出やすい施術内容と頻度について

特にご質問の多い施術内容と頻度について説明します。

当院では、できるだけ少ない回数での痛みや不調の改善を目指しており、
各種施術と合わせて、
食事やエクササイズのメニュー
ご自分でできる養生法
をお伝えしております。

各目的別の詳細はページ下部をご参照ください。

目的 内容 推奨
コース
効果的
な頻度

症状の改善
→なかなか良くならない症状
→急な痛み・不調
初回 基本施術
じっくり施術
(+Eyecare)
週1−2回
(回数は症状により変動)
2回目以降 対処施術
基本施術
(+Eyecare)

スポーツケア
定期的なケア
体調管理
初回 基本施術
じっくり施術
(+Eyecare)
 −
定期的な体調管理
コンディショニング
試合前後の調整
定期ケア
基本施術
(+Eyecare)
月1−2回
(状態に合わせて)

美容鍼灸ケア
初回〜
3・4回
基本施術
じっくり施術
+美容はり
隔週〜週1回
状態安定後の
定期的な維持
定期ケア
施術基本
+美容はり
月1−2回

①症状の改善(なかなか良くならない症状・急な痛みなど)

辛い症状をできるだけ早く改善して治療を続けないために、
食事や運動内容、生活習慣の見直しを重要視しており、
カウンセリングを含め少し長めの時間設定となっております。

少ない回数で症状を改善するためには
当院での施術の合わせて
ご家庭でできる養生法やセルフケアを行っていただくと、
相乗効果でより良い結果を得やすくなります。

お困りの症状が改善された後は、
ご自身でのセルフケアや各種の養生と合わせて、
・定期な施術で状態を維持、
・パフォーマンスを高める
など、
目的に合わせた定期的な状態管理としてご利用ください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-21-7-32-26

②スポーツケア/体調管理

大切なスポーツの試合やイベント、
お仕事などで最高のパフォーマンスを発揮するためには、
自分の身体の状態や特性を把握していることや、
疲労をマネジメントして、
しっかりと筋肉や脳や内臓などの身体の各所が
働けるようになっていることが大切です。

良い結果につながる内容として、
身体の抗酸化機能を高めて疲れにくい身体を作る
腸や内臓の機能を高めて、冷え性や貧血などの症状を和らげる
目の疲れをケアして、すっきりした視野と意識の状態にリセットする
など、
施術から日常生活の過ごし方を通して、
最高のコンディション作りをサポートします

それまで練習やお仕事で培った時間も、
状態が十分でなければ最高の結果を残すことはできません。
スポーツは本番前は3−4日前、
お仕事やイベントごとでは2日前−前日の受診がオススメです。

また、不定愁訴に悩まれる女性や、
頭脳労働やパソコンを多く使うで眼や脳に負担のかかる方は、
定期的に疲労や不調をケアすることで、
体質が改善され痛みや不調が悪化する前に軽減することで、
大きな不調で動けなくなってしまうことを未然に防ぐことにもつながります。

今ある辛い症状を治すためから
より良い生活の質の向上にもぜひご活用ください。

※定期的なケアが必要なことが多い方
・限界まで身体を酷使するアスリート
・不定愁訴に悩む女性
・手術の既往や大きなケガをされた方
・持病をお持ちの方
・長く運動やスポーツを楽しみたい方
・身体が資本の経営者や管理者、個人事業主の方
・65歳以上で健康維持が気になり始めた方
など

 

③美容はりきゅうケア

当院の美容鍼灸は単に顔表面の施術だけでなく、
肌や筋肉の状態に大きく影響をする、
腸・脳・内臓などの血流と機能の改善
全身の姿勢や動作を主る筋肉のバランス調整
から、
お肌のトラブルやクマ、たるみ、くすみやシワなどの
お困りの症状にアプローチします。

筋肉と腸・内臓の機能が十分に働くことで
身体の持つ新陳代謝を起こす機能と、
肌にダメージを与える活性酸素を除去する抗酸化機能が働くと
良好な状態を保つ身体の基礎能力が底上げされ、
体調や悪状況に左右されにくい美容の状態を保つことにつながります。

基礎部分に腸内環境の改善が必要な場合や、
貧血や冷え性など症状があると、
十分な効果が維持できなくなるケースが見受けられるため、
初回〜4回目は、状態を軸から整えるための全身からの施術をしっかりと行い、
状態が改善してきたところで定期的なケアへ移行することをオススメしています。

内部の環境が整っており、短い時間での効果が見込める場合は、
2回目以降での定期ケアでの効果が見込める場合も多くあるため、
ご家庭での食事や運動方法、養生法も重視してお伝えしております。