福岡外語専門学校にて課外授業

「感動」「優しさ」「クオリティ」が基本理念の福岡の講師派遣セレーノコーポレーションさまよりご依頼をいただき、福岡外語専門学校にて海外留学生の方に向けて、

”日本での自分の仕事の業界について紹介する”というテーマで療術業のお仕事について講義をさせていただきました。

 

IMG_0025

IMG_0026

 

少しでも日本の仕事についてわかりやすく、かつ間違えがないように伝えなければということで、いざ自分の業界について調べてみると、以外と知らないことや制度・分類が複雑で分かりづらいことが多くあり、自分自身がとても勉強になりました。

 

鍼灸マッサージ師の仕事は

職業分類では、

専門的・技術的職業従事者の中のその他の保健医療従事者として分類されています。

 

業としては、さまざまなものが提示されていて定かでない部分もありますが、

”医業類似行為”

の、さらにその中の

”療術業”として定義されているようです。

 

”医業類似行為”も法律で規定されているものと、そうでないものがあり、

前者としては

柔道整復師、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師が。

後者としては、

整体、カイロ、手技療法、光線療法、温熱療法、などが規定されているようです。

 

後半は、一人代表で患者さんになってもらい、実際の診察から治療の様子の紹介として、問診からの施術までの流れや自分でできるストレッチやセルフマッサージのデモを要望に応じて行いました。

 

日本語を勉強されているとはいえ、海外の方にわかりやすくそれぞれの違いを説明することは自分自身が理解を深める上で面白くもあり、至らなさも痛感。

でも結局伝えるために学ぶのは楽しい。

 

以外だったのが、

接骨院や整骨院、柔道整復師がどんなことをするのかわかっていない学生さんが多くいこと。

また、整体やカイロはなんのことだかよくわからないけれど、

”マッサージ”は共通で通じること。

海外のある国でもマッサージ系のお店が増えていること。

ネパールでは、中国や韓国でも盛んな鍼灸と、インド発祥のアーユルヴェーダが同じように普及しているなどなど、

各国の事情も教えてもらい大変勉強になり、お伝えする以上に自分が学ばせていただいた、大変楽しい時間でした。

 

少しでも人の体に手を使って関わる仕事に興味や理解を深め、

その後のキャリア形成の役に立てれば嬉しく思います。

 

今回このような機会をいただきました、

セレーノコーポレーションさまと

福岡外語専門学校さまにこの場を借りてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

廣政淳一 拝