2016年も一年ありがとうございました!

お陰様をもちまして、

福岡での業務は26日に、

関東の仕事も本日をもって2016年の仕事納めとなりました。

 

本年もたくさんのご縁、またご紹介を頂き、
多くの方においでいただくことができました。
本当にありがとうございました。

 

福岡での2年目となる今年は、
”していることをわかりやすく伝える”
ことを意識することの多い年でした。

ところ変われば、物事の流れや人や事の繋がり、
仕事の進め方や、土地ならではの嗜好など、
学ぶところも多く、
組織の中に属している時やチームや団体からの依頼で
お仕事をさせていただいている時には当たり前にできていたことを
もう一度文字通り、イチ、いやゼロから見つめ直すことが多くありました。

 

自分のできる事や本当に伝えたい事
本質的なものほど表現が抽象的になり、
何をしているのかわかりにくく伝わらなくなること。

今必要としてくれる方々や、
これから必要としてくれている人にどう届けるのかという課題や葛藤も。
するべきことと気づくのは、

治療を突き詰めていくなかで大切にしている、

”最小限で最大限の効果を出すにはどうするか”

”何を感じるのか”

”どこに・何を・どのくらい・どうやって”

”できるだけシンプルにかつ、過不足なく”

というキーワード。

 

身体と社会という枠組みは違えど、
するべきことは同じことであることに改めて知っても、

それを現実に実行することはなかなか容易ではありません。
一つ一つ取り組むなかで、悩みながらも磨かれていく感覚を覚えています。

 

 

回り道や寄り道に思えることもたくさんありましたが、
これから自分が必要とする方々に出会うことができ、
また、すでにすぐそこに持っていた沢山のことにも気がつきました。

今更、改めてということでもないのですが、
傲慢ながら3年前までは、毎日1日10人前後の施術をさせていただいて、
どこか流れ作業になってしまっていることも少なかったと思い返します。

いままで当たり前のように思っていたことが当たり前でなくなったとき、
人のからだが変わることに関わる瞬間に
喜びがより深くなりました。

 

本当に有難いことを実感できるようになったのは、
何もないところから価値を見出して足を運んでくださる方々のおかげです。

また今も少しずつ必要としてくださる方が増えていることが、
本当に元気を与えてくれます。
いつもありがとうございます。

 

 

まだまだ志半ばではありますが、

来年度は、

よりわかりやすく、毎日の時間の質を高める情報を伝えること
(定期勉強会の開催とblogの更新)

当院を必要としてくれる方に知っていただく機会を増やすこと
(ワークショップや企画の開催 ※ご依頼も募集中です☆)

ベッドの床数を増やし、治療の質の向上と来ていただく時間を確保すること

を目標に、一層努力して参ります。

 

ProCare福岡としての情報と
個人としての発信を区別するため、
個人用のblogもこっそり始めました。

大変遅筆で下書きばかりがたまっていますが、
よろしければこちらもよろしくおつきあいください。

http://life-matrix.hatenablog.com/

 

少し早めではありますが、

みなさまどうぞよいお年をお迎えくださいませ。

廣政淳一 拝

 

img_6925